FC2ブログ
2007.04.05 人が集う納骨堂起工
kikousiki.jpg

人が集うタペストリーガラスの納骨堂がやっと起工しました。起工式前の予定地の景色です。築400年の由緒ある本堂前の境内に建ちます。建物を容量に対しできる限り小さな物にするために軒を出さず、計画建物廻りに領域を持たず、境内を演出する装置として高さを押えタペストリー硝子の連続壁とする事を檀家の皆様に提案し受入れて頂きました。建築材料や職人技術にコストをかけ昔ながらの景観を守る事より、現在出来る最良の技術で未来へのメッセージとしてこの建物を建築する事になります。御盆には完成します。
 この建物もグラスアート作家、高見俊雄さんとのコラボが実現することになりました。いつものように色のない抽象的な絵を硝子の素材感だけで表現して頂く予定です。
Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/73-95872d9c