FC2ブログ
2009.04.24 世界遺産専門家委員会調査団による三重津視察
 今日は、世界遺産専門家委員会調査団による三重津視察の日。
 2月に私達市民の企画で行った世界遺産シンポジウムin佐賀の後、市庁舎内に歴史とまちづくり課が新設され行政共々世界遺産に対する気運が高まってきました。
 先日、市の歴史とまちづくり課の課長さんと担当の方とお会いした時に、私達市民団体は、今回の調査日程の中での歓迎会等の参加は遠慮していただきますと言う事をお聞きしていたので、私達もそこで何か協力できる事もないだろうから当然蚊帳の外なのだろうと思い、今日はお昼前から仕事で出張予定を入れ込んでしまっていました。
 一方でいろんな方面から、視察団への説明に対する体制強化をお願いしておいた次第です。市文化財保護審議会会長の小宮先生、佐賀大学名誉教授長野先生、福岡先生に調査団へ資料説明の協力をお願いして欲しいと根回しをしていました。
 ところが突然一昨日、夜のホテルでの食事会に出席しませんかと市の担当課から電話がきて、よく判らないまま会長と長野先生共々出席する事になりました。
 長野先生には、江戸時代の釘(お寺の改修工事で使われていたもの)をお土産に持って行く予定です。その成分がもし銑鉄ならちょっとした騒ぎになるのです。
 昨夜は、大牟田のネットワークメンバーのNさんから電話を頂き、大牟田でサンデン煉瓦アーチが計画道路で壊される等聞き、緊急連絡と対策ネットワークの必要性も感じている所です。26日は長崎でのシンポジウムに出席します。そこでネットワークの皆さんとも話ができると思います。
Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/533-9dbcd17e