FC2ブログ
2019.08.28 新しい模型完成!
201908241406409bf.jpeg

模型は平家の長〜い建物です。建物の端から端まで約62mもある木造クリニック。

面積も大きいので4号建築物という訳には行きません。

木造建築の場合、無窓居室の告示による特例が使えないので、手術室等居室扱いになる部屋の周囲を耐火構造にする必要があります。下地不燃でも構造が木だと駄目のようです。法35条の3による。

大変勉強になります。4号建築物だと設計者判断で法チェックが入らないので要注意。排煙無窓居室を法不適合のまま特例で設計してしまうと違反建築物となってしまいます。発覚次第、改修しないと建物の使用停止や施工者設計者への処分対象となります。

現在は木造耐火構造仕様が出来るようになりましたので、手術室周囲は被覆型の木造耐火構造で覆います。

知らないと怖いですね!木造準耐火建築物の設計は今までもありましたが、木造耐火構造は初挑戦ですので楽しみです。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー


Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/3126-141791c0