2017.02.16 お寺の記念碑永代廟
20170216063427d27.jpg

完成間近の永代廟記念碑、あとは石工さんの仕事が完了後に硝子の須弥壇設置のみとなりました。

簡単なピラミッド状のRC造ですが、なかなか大変な構造です。
周りは大きなお墓に囲まれた厳かな雰囲気の中に堂々と凜として存在します。

RCの壇には、江戸時代からこのお寺に有った古い墓石が設置され、最上段には代々の和尚さんのまあるい墓石が入ります。

201702160634262f2.jpg

石工さんから、石の仕上げ見本が来ていました。

石は天山御影で石目の小さい上品物ですが、磨き仕上げによって全く別の石のように違って来るようです。

200.400,800ツヤ出しという具合に色の濃さが全く違っています。

石の仕上げを選んでいるときに雑談で、ベテランの石工さんの話になりました。

石と言うのは他の素材と違い、念が篭っていいる事があります。

墓石もそうですが、敷地内に在る古い石にも色んな言い伝えがあったり、勝手に動かせない事が有りますが、経験の長い石を見れる石工さんの場合、ひょっとして石を見るだけで念が籠っているのか、魂抜きされているのか解るように思われるのです。

今度聞いてみよう^^;

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー
Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2554-52577990