2016.11.17 島義勇伝!が北海道から。
20161116234320e31.jpg

島義勇伝のチラシが北海道から送られて来た。

先日のIFFTインテリアライフスタイル展のブースで名刺交換させて頂いた北海道からの出展者さま、私の名刺にある佐賀という文字と鍋島という文字に反応された。

そして明治日本の近代化遺産、佐賀藩の幕末遺産の世界遺産登録推進活動を行っていた事をお話すると、幕末の佐賀藩の話題に火がついたのだった。
その方が札幌にて島義勇伝を出版するのに携わられたようなことをお聞きし、感動したのをオフィスに届いたお手紙を拝見し再び思い出した。

東京ビックサイトの中で、カラクリ義右衛門と鍋島直正候の事、佐賀藩が近代日本の礎を形作った事がまるで自分の自慢話のように出てしまったのである。

またそれを解って下さる北海道の人と出逢えた事がとても嬉しく、運命的なものを感じ鳥肌がたつ程の感動の時間を過ごしたのだった。

また昨年仕事で北海道を訪れた際、札幌市役所の吹抜けホールで、札幌市内を眺めている島義勇像を見て一人でコーヒー飲み島義勇と直正候の偉大さに、想いを馳せていた事もあったのだが今、島義勇が立っているホールに彼がデザインした椅子が置いてあるらしい。

ビックサイトで出逢えた北海道のその友人から、御礼状と島義勇伝のチラシが先日オフィスへ届いた。

NPOの活動も、IFFTインテリアライフスタイル展への出展も、あの広い会場で1日8000人程の来場者の中、北海道の佐賀藩ファンの友人との奇跡的な出逢いには、必然として繋がっているような運命的なものを感じたのである。

島義勇伝を早速アマゾンで注文しよう!

感謝、そして感動で涙が出そうな瞬間にありがとう。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー




Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2462-6d6ad747