2016.10.11 大牟田の色をお土産!
201610110626169cd.jpg

大牟田の街の色を集めてクレヨンにしたものだそうです。

一番右端の黒、これは勿論石炭の黒色。
でもこのクレヨンは食べても大丈夫な素材で作られています。

とても渋い色が右端から並んでいますが二番目はブルーで有明海の海の色。
そう言われると有明海は真っ青な空を映す綺麗なブルーではなく少々重く暗いブルーでしょうか。

次の渋い赤は今も見かける炭鉱電車の赤色だそうです。
その隣に有るのは煉瓦色の茶。この色も歴史の重さを感じさせるような重量感ある色です。

このなかで唯一鮮やかに映る黄色は、お月様だそうです!大牟田の人達の明るい気質と希望を表す色でしょうか。
最後の白は工場地帯から出る煙の色と雲の色のようです。

2016101106261588a.jpg

左下に大牟田の色を置いてのお食事会。

鰹のタタキも渋い色で炭鉱電車の赤に近い色。

このクレヨン水性で水に溶かして調合色も出せるそうです。

2016101106261449f.jpg

色とりどりの美味しそうな赤いハム色々。

この日は色彩を意識しながら、と言っても久し振りの再会でしたので、色の話題も食べ物の話題もですが、皆さんのその後の活動報告や雑談に夢中になり、あっという間の4時間半。

大牟田での伝承遺産ネットワーク会合は、大牟田の街色彩クレヨンのお土産付きでした。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー
Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2423-c86a51d1