2016.07.13 住宅の配筋検査へ
20160713054015d79.jpg

旧住宅地の中に進行中の住宅基礎配筋検査へ!

通りから中に入った閑静な住宅街で、昨年既存の建物が解体され新しく建てられる住宅です。

コンクリート打設は天候が安定してから行われる予定。

この所、天候が不安定で、青空が広がったと思っていると突然嵐のように豪雨を伴って強風が吹き荒れるといった天候です。
住宅基礎の配筋はとても分かり易く、遠目で見た瞬間碁盤の目のように並んだ異形鉄筋の模様が綺麗に見えれば大概大丈夫で、定着長さも開口補強も綺麗に施行されているようです。

梅雨が明けたら上棟が行われ、あっという間に形が出来上がっていきます。

完成が楽しみなプロジェクトです。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー


Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2331-5da5f5ee