2016.02.06 高齢者施設特集原稿「バリヤフリーなんか要らない」
201602052212107f8.jpg

高齢者もスタッフも元気になれる魔法の施設は、長崎街道佐賀宿の伊勢町に建つ。

歴史的景観を引継ぐこの建物は昨年9月にオープンした。

この施設のコンセプトは「バリヤフリーなんか要らない!」なのである。

バリヤフリーは高齢者の運動機能を消滅させてしまい、リクライニングベットと

車椅子での毎日の生活は寝たきり状態、要介護5への近道となる。

2016020522120986d.jpg

この施設の建築中に行って頂いた、漆喰壁塗りワークショップ。

既存施設利用者の皆さんにも参加して頂いた。楽しそうでこちらも嬉しくなる。

201602052212105d2.jpg

長崎街道沿いにコミュニテイオープンカフェを持つこの施設では、

当初、元気の無かった人も元気になれる。その反面

利用者の要介護度はどんどん下がり、施設の介護保険収入もどんどん落ちていく。

こんな自虐的経営を支えているのは、多勢のスタッフと利用者の家族やその知人達の

施設への絶大なる信用と感謝の気持ちなのであろう。

スタッフも利用者もここでは皆んなが家族なのである。

だから元気になると皆んなが喜ぶ仕組が出来上がっている。

施設完成時にはほぼ満室、一年も経たない今でも入居希望者は後を絶たない状況。

こんな魔法のような施設に関われた事に感謝。

追伸、ご安心下さい。本ちゃん原稿の内容とは違えてます。こっちの表現が良かったかなぁ(ー ー;)

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー


Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2174-244cedc6