2015.12.15 コンクリート洗い出し長崎街道仕上げ!
20151213133703214.jpg

上の写真左は、お伊勢茶屋で施工して頂いたコンクリート洗い出し仕上げ。

当初は左官職人さんから自信が無いからできませんと宣言された仕上げだ。

面積が広いから仕上りの結果に自信が持てないらしい。やったこと無いから要はやりたく無いという返事は当然の結果かも知れない。それを可能にしてくれたのは工務店の工事部長Aさんの熱意である。

三度に分けて施工され最初の一番奥の部分はチョット粗が目立ったものの次の中央部分から一番手前の長崎街道沿いにかけては最高の仕上りだった。

20151213133725975.jpg

私達も落成式の当日にやっとお目にかかれた新長崎街道仕上げである。

当初の設計では何も考えのないインターロッキングブロック仕上げとしていたもの。

現場打合せの中で、長崎街道を敷地内へ引き込もうと言う所から始まった。

201512130621122c3.jpg

白砂を使っている生コン工場を調らべ、唐津の海砂を使っている多久からコンクリートを調達。

市内の生コン工場は黒砂を使ってる所ばかりで正直、半ば諦めていた。

コンクリートを打設後に黄色っぽい背振砕石を撒いてタッピングを行う。

そしてコンクリートをコテで押さえた後に表面のセメントを洗い流す方法。

普通はコンクリート打った後にモルタルを被せ種石を撒いて洗い出し仕上げ行うのが通例。

ここは車が通過するのでモルタルでは直ぐに割れて持たない。

なんだかんだで最高の仕上げが出来た背振砕石のコンクリート洗い出し長崎街道仕上げ。

見れば見る程にとても美しい!インターロッキングに比べ安価でしかも素晴らしい仕上げである。

私達の標準仕上げとして新しく認定する事にした。御協力頂いた方々に感謝!感謝!

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー



Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2121-c6a0bc3d