2015.12.02 お伊勢茶の建具
201512020741238b4.jpg

お伊勢茶屋で作製して頂いた建具。

実際に作る際、担当の建具屋さんは、施工図を作成し実際に現物サンプルまで作って頂いた。

中のワーロン紙を両側から押える桟には意味があり、桟の大きさは微妙に大き目。

施設を利用されるお年寄りの方々に、障子が破れても桟を指で掴むことで手摺の役割を果たす使命を託されている!

だから私達がいつも使う釣り戸では無く、体重を掛けられる様に戸車と竹のレールによるものだ。

施設内には指を使い、自力で立ち上がれる、そんなきっかけとなる装置が至る所に施されている!

手摺は無くても、さり気なく立ち上がる際のきっかけとなる凹凸をそこら中に付けてある施設なのだ。

基本的には和の建築を意識した施設。

多くの人達の努力の結晶で完成した。感謝すべき建物。

12月12日の午後から落成式とクリスマスパーティがここで行われる予定!

自立支援を考えて造られたお伊勢茶屋、楽しみの多い施設だ!

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー


Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2108-aff73352