2015.11.12 心の底より、ご冥福を御祈り致します!
201511121229455a3.jpg


私の鉄筋コンクリート造の師匠がお亡くなりになられた。
もう30年以上もの長いお付合いで、今では立派な御子息さんが師匠の会社を継がれている。

私が今の事務所を立上げた頃の事。鉄筋コンクリート打放し造りについて研究していた時期が有り、その頃、色々と教えて頂いたのがKさん。その師匠であるKさんが、お亡くなりになられたと連絡がオフィスに入っていた。

先月くらいにお会いしていたはずだと思ってたら、半年も前から入院されていたらしい。

師匠は、口癖のように国産のコンクリートの品質は、欧米の鉄筋コンクリートとは違丸っきり違う。その歴史はスーツの歴史と一緒で高々150年ほど、コンクリートそのものの強度よりもセメントの量を多く使うよう定められた国内のコンクリート品質基準は日本の国土を造るのには相応しくない、間違っていると会うたびに何時も熱く語っておられた。

国土交通省、以前は建設省、そんなお役所の品質基準に物申す人物だ。とても熱くて頑固で業界には必要な人物。もうそんな人物は二度と現れないであろう。

病床でも寝言で水セメント比がどうだとか、それじゃダメだと言っておられたと喪主である奥さまは笑みを浮かべて言われた。

お亡くなりになられて二日間御自宅に帰られたらしく、寝ずに哀しまれられたのだろう。疲れられたご家族の表情で判った。お通夜に、私達が斎場に到着したのは22時近く。祭壇に飾られた師匠の笑顔がとても素敵だった!

これからも、後を継がれたお子さん達と良い建物を造って行きます。
心の底よりご冥福を御祈り致します。ありがとうございました!

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー

Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/2092-c0005c11