2015.02.01 LED照明のコントロール革命。照明器具がネットに繋がる!
20150131181802916.jpg

世の中の照明器具がLEDに変わり、インターネットは無線で操作するのが当然の社会となった現在、今迄スイッチボックスやルートロン等のコントロールボックスで繋がれ、そこで支配されていたLED照明器具の環境が大きく変貌しようとしている。

LED照明器具がインターネットに繋がり個々にアドレスが振られ、ブルートゥースやWIFIで簡単に制御できるようになっている。もう既に現実のものとなっているようだ。

まだメーカーによっては誤作動の問題を抱えている所もあるように聞くが、現に実用化のレベルに達していて個々のLED照明の照度調整やオンオフ等のグルーピングが2000台まで制御可能という。

人感センサーやITVカメラ等の連携を考えるとその可能性は大きく、私達の生活空間の照明への概念が大きく変わる時代が目の前に来ていると言える。

要は、遠隔操作でその場所に居なくても自由に照明器具をコントロールする事が可能で、無人の空家であってもあたかもその場所で人が生活しているような演出は簡単にできてしまうのである。

便利になる事は良いことばかりとは言えないかも知れない!使う側には今迄以上に危機管理体制が求められる事になるようだ。


ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/1792-da20cc06