FC2ブログ
2014.09.25 建造物の魅力再生プロジェクト!
2014092508442923c.jpg

柳町東で改修中の築300年の歴史的建造物。地区の景観重要建造物にも指定されてる建物です。

今年4月頃から着手し、外部周りの改修から進み、現在内部の改修が進捗しています。

20140925084507006.jpg

屋根の上は、道路幅員が狭く、見えにくいのですが、元の姿に忠実に改修されています。

屋根上の妻壁と瓦との取合い部分は緩いカーブになっていて、美しい形を表しています。

20140925084539ba6.jpg

まだ足場は外れていませんが、外部は完成に近い状況です。

2014092508455663b.jpg

壁一つとっても、ここでは小舞竹を組み、県内に一人しかいないえつり職人にお願いしました。

した塗りの土と藁すさ、荒漆喰下塗り壁を施した漆喰仕上です。

藁すさもアク抜きを行ったものを使用する等、完全に近い程伝統的な工法に従い行ってます。

近くで行われている同じような工事現場では、規模は大きいようで、請負金額も数倍あるようですが、外壁は最初っからラスモルタル下地で漆喰壁施工が行われていています。

しかし、それも時代背景から良く理解でききるのです。

左官職人さんが元々少ないのに、伝統工法を知っている左官さんの存在自体が皆無に等しいからです。

しかし、この写真の現場、職人さん達の情熱は、はっきり仕上げに現れ、300年以上経った歴史的建造物の魅力が活き活きと再現され、その魅力が明らかになっています。

ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ


Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/1651-5e7eb204