2014.04.23 幻の菓子肥前ケシアド

ポルトガルから伝わる幻のスイーツと言われてます。

丸ボーロやカステラは現在も引継がれ作られていますが、このケシアドはポルトガルのスイーツ、ケイジャータを元に開発された菓子で、製法が難しかったらしく150年以上ずっと途絶えてたようです。3、4年前シュガーロード研究の有志と共に老舗和菓子店の鶴屋さんがポルトガルまで行って調査され文献を頼りに再現されたものです。

鶴屋さんは鍋島藩の御菓子司として江戸時代から続いています。ケシアドは鶴屋さんに残っていた古文書、鶴屋文書に残されていたスイーツです。

元々ポルトガルでケイジャータはシナモンの入ったチーズタルトのこと。昔はチーズが入手困難で日本ではカボチャを代用したようです。

鶴屋さんのケシアドはカボチャあんにチーズとシナモンを練り込んだお饅頭となっています。

鶴屋さんの伝統和菓子ケシアドは美味しいのです。それもですが、現在もポルトガルで食されているケイジャータと言うオリジナルの焼きチーズタルトも美味しそうで興味津々です。

ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
Secret

TrackBackURL
→http://alphdesign.blog91.fc2.com/tb.php/1443-59b1708d