FC2ブログ
2018.07.14 鉱滓煉瓦の保存法について
201807131414185ed.jpeg

鉱滓煉瓦の保存方法です。

既存の鉱滓煉瓦塀はかなり年月が経っていて、扱うには一度解体するしか手はありません。

下手に扱わず、塀には触らずに残す事を提案してみました。

鋼管で補強を行い、取り敢えず倒れない様に、仮に壊れても被害を最小限で止める目的で行い鉱滓煉瓦を残し鑑賞する為の補強です。

基礎ブロックを鉱滓煉瓦塀の手前に1軒置きに埋込、鋼管柱を建てます。1.5mの高さに繋ぎの鋼管を施し連結させます。

写真の様な形状です。

いずれにしても鉱滓煉瓦が設置されている箇所は計画建物敷地から外れていはいるのですが、補強はしておかないと危険なのでコストの掛からないこの一時的補強方法にて提案指示しています。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー