FC2ブログ
2014.03.26 東与賀の家、外へ中へ開く和室



天井まである建具がパタパタと開くと空間が広がります。
日本建築の持つフレキシブルな空間利用方です。




手漉き和紙の柔らかい建具(壁)がスライドして、リビングの吹抜けと一つの空間に繋がります。

日本の先人達から伝わる、中と外、中と中を繋げる空間利用法。これは世界に誇れる日本の文化です。

ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ