FC2ブログ
2013.08.16 私のポケットWIFI機種変更ストーリー!(ー ー;)


ソフトバンクから先日ハガキが来ていた!ポケットWIFIを機種変更するとお得だという内容。

今使っているポケットWIFIが使用に耐えない事に、やっとソフトバンクが理解示したかと勝手に思い、即申込んだ。その後、入荷したとの連絡受け、仕事の打合せに行く途中スタッフと共にショップへ向かった!

実はここに至るまでに他の選択種があった。現在使ってるiPhone4sを最新機種iPhone5に変更すれば、デザリングが出来るのでポケットWIFIを持ち歩かずに済むという選択種だ。
そんな時、旧機種下取りキャンペーンを知りiPhone5を申込んだものの、容量、色等リクエストした物が無く入荷待ちとなった。その事が幸いした。

現在のポケットWIFIの使い勝手の悪さに嫌気がさし、在庫あるiPhone5で良いから早く欲しいとショップへ申込に行った時の事だ。多分一月もすれば新しい機種が出ますよ!とその時対応してくれた爽やかな若者ショップ店員がこっそり教えてくれた。契約内容や新機種販売時期等、全く疎い私に、彼の助言はとてもラッキーだった。

iPhone機種変更には下取りがあってもかなりの追い銭が必要だった事。またデザリング機能使うのに別途申込が必要で更に費用が発生する事も教えてくれた!以前対応してくれた店員さんからは聞けなかった事だ。

以上の理由により当分は現在のiPhone4sのまま、ポケットWIFIのみ機種変更するに至った。

現在のポケットWIFIは、連続使用でバッテリーが驚く程高温になり、満タンの状態から一時間も持たない。環境によるものだろうが、電波受信状況が良くなかったし、その丸い形状の為ポケットから落ちやすく、何度も紛失し、その度に紛失迄の行動を記憶で辿り捜索した苦難の歴史があった。

新しいポケットWIFIを取りに行き、現物を初めて見た時唖然とした。写真右!以前の機種よりふた回り以上大きく見え、その厚みはiPhoneのほぼ倍近い。
ポケットWIFIと表示があるものの果たしてポケットと呼べる代物なのだろうかと言った印象だ。
私のポケットには「アバカン」のである。
アバカンというのは便利なこちらの方言で、容量が小さ過ぎてとても入りきれない状況を意味する。
これは確実に私のポケットにはアバカン代物なのだ。

打合せに行く途中のショップ寄りで結構待たされた事もあって新しいポケットWiFiを取り急ぎ持ち帰り、仕事終了後スタッフが帰った後に落着いてセッティングを試みた。

5枚程の小さく織り込んである手引書を机に広げ、何度も見比べ、苦戦しながらソフトウェアの更新とパスコード入力を行った。しかしどうしても繋がらない。かなり凹む!(ー ー;)

ポケットWIFIの小さな液晶画面を睨み、情報欄文字を選択しエンターキー押し中にくぐり込むと「電話番号の登録に失敗」そんなメッセージが出てきた。

こんな事で凹んでいてもしょうがないので、そのままショップへ、20時の閉店間際に間に合った。

昼間対応してくれた若い店員さんにそのメッセージを説明する。更に無言の店員さんに、私では対応出来なかった事なんですよね?の質問に、表情を変えず「そうですね!」と一言。

彼は、ポケットWIFIを持って登録機械の方へ向かい電話番号登録を再度行った。暫くしてポケットWIFIを手渡し、パスコード入れて見てください、繋がりますか?と無表情で聞いてきた。

度重なる接続失敗の試みで、8桁のパスコードはすっかり記憶。すぐに打込み繋がりを確認できた。

昼間かなりの時間待たされた挙句、肝心な作業ができていなかった事で振り回され凹んだ私は、ショップの彼に対し心の何処かで"御免ね!"の一言を期待していたのであろう。しかしその期待も無残に打ち砕かれた。WIFIは繋がったものの、終始無表情の彼の態度に再び凹んだ!(ー ー;)

まぁ、問題が仕事に関わる重大な事でも無いし、たかだかネット接続WIFIの話だったので良かったじゃないか!と自分に言い聞かせた。ともかく事なきを得たのでラッキーと思うことにした。(^-^)

今もこの巨大なポケットWIFIは無事に繋がっている。電池の持続性と電波受信状況も以前よりましで、サイズの事を除けば他は快適である。

追伸!余に快適だったため、youtube等観ていたら一日で速度ダウン。おかしいと思い色々と調べると、契約で一月のデータ量7G制限があった事をサインを求められた注意書き書類の文章中に発見!(ー ー;)
一月は使えない状況が判明した。窓口のやる気ない彼に当たった運の無さと、書類を注意して見ていなかった私に凹む…。

凹み体験ブログブログトーナメント - デザインブログ村
凹み体験ブログブログトーナメント

追伸の追伸!
窓口業務とは、こういうものである。お役所や銀行も郵便局も同じようなもの。
その極みは建築確認申請業務である。この件はあまり書けないが、予防策はこちら側が窓口と同等かそれ以上の知識を持つこと。それが無いと辛い経験を強いられる羽目になる。凹む時間が有れば、自分で調べることである。
仕事上では、それは常識!日常生活でも同じ。(ー ー;)一つ賢くなった!
窓口業務は世相を反映している。無責任ぐらいはまだ許せる社会なのかも。^_^;