FC2ブログ
2010.12.02 地域コミュニケーター
地域コミュニケーター!
良く解らない肩書きですが、なかなか重要な役割を果たすようです。
今日は、ある会議で空家活用や地域の魅力づくり活動が話題にあがりました。
そこに建築士や専門家が加わって、地域の修景を行う事が今後は必要なのだそうです。
しかしながら、その以前に所有者の人達が、改築に掛る負担をして経済的に得をするシステムでないと絶対に、絵に書いた餅でしかないと言う事になります。
地方では持主の殆どが空家があっても実際は倉庫になってしまっていて人に貸したくないと言うのが現実です。
そこで重要なのが、地域コミュニケーターの仕事。
彼等の仕事は地域密着型生活コンサルタントといった表現になるかも知れません。
地域のモチベーションを引揚げるため、地域の活性化を計るため、地域の魅力を住んでいる人達へ啓発し、実際にその手法をシステム化して実現化して行く人です。
建築家の職能としては、今後こちらの方向へ確実にシフトして行くのだろうと実感しています。