FC2ブログ
2009.04.26 世界遺産シンポジウムin長崎
平成21年 4月26日(日)13:00~17:30長崎ブリックホール(国際会議場)
「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産シンポジウム
11時からの武雄での用事を済ませ急ぎ長崎へ向い聞いて来ました。
↓北京大学ウェイン・チュミ氏↓スチュアートスミス氏↓ニール・コソン卿
シンポジウム長崎 シンポジウム長崎 シンポジウム長崎
↓パネルディスカッション加藤康子氏コーディネーター
シンポジウム長崎 シンポジウム長崎
北京大学ウェイン・チュミ氏の基調講演では、佐野常民の漢詩が紹介され伊万里焼きの事を話題にされました。スミス先生からは、鍋島藩の絵図についての真実性の裏付けを問われる事。コソン卿から三重津海軍所での市民グループからの歓迎など佐賀の事が随所に聞かれました。
内容はA4方眼紙裏表に2枚程ビッシリメモりましたが、結論は、世界遺産に至る迄、まだまだ時間を費やしそうです。目標に到達できるかをまだ見極める段階では無さそうですが、可能性は高いと言う事でした。
土師会長、長野先生、江口館長さん達グループは先に長崎に到着され、四郎が島まで渡られたそうです。ネットワークからは熊本から西嶋さん大牟田から永吉さんが来られていて、長崎の梅本さん坂本会長とも会えました。帰りは永吉さんと佐賀駅迄御一緒しました。
(写真撮影KodakV705キャンドルライトモード)後方席からでしたが薄暗い中上手く光を捉える事ができました。