FC2ブログ
2009.02.06 建築写真の難しさ
昨年末に引渡を終えた大和の薬局は、竣工写真が撮れないまま引渡を終え、正月5日から営業を始められています。工事中に撮影した写真は、天気の具合や時間帯等で良い写真が撮れたのですが、竣工後に構えて撮影しようと思ってもなかなか良い写真が撮れません。建築写真は、撮影者の都合で撮るもので無く、時間帯や天候の具合を察知して撮影する方がカメラの性能にこだわる事より大切なのだろうと思います。被写体の建築物の壁が漆喰仕上げである事もあって、空が曇っていると建築の輪郭がぼけてしまいます。奥が深いですね!
↓工事中の写真       ↓竣工後の写真
薬局外観1 薬局外観2009の1 薬局外観2009の2