FC2ブログ
2008.12.15 今年最後の歴史とまちづくりフォーラム
フォーラム第3回
昨日は第三回目の「歴史とまちづくりフォーラム」の開催でした。
会場には100名以上の方々に御来場頂きました。
長野名誉教授の基調講演では、日本発生活文化の発信を考える時代を強調された。
日本語の言葉は、感情や感性から来るものが多く、わび、さび等、俳句に込められる言葉でも感情を共有できる文化があり、そこから自然と向き合いながらの暮し方が生まれて来た。そんな日本人の感性豊かな文化こそ、市場経済破綻後の生活文化の在り方を発信できるのではとの話を、佐賀藩幕末遺産の事を絡めてお話頂きました。
会場からの質疑応答も多く、予定時間を概ね30分超過して、まだ質問する人もおられた中、会場の関係で、余韻を残したままコーディネーターの神代さんに強引に終了して頂きました。
後は、来年2月のシンポジウムの準備を年末に掛けてまとめ上げる仕事が残っています。