FC2ブログ
2008.02.20 プレゼンの難しさの2
昨日に続いて今日も多くの審査員の先生方の前でプレゼンする事になりました。いずれも動画を流してからのプレゼンでしたが、私の自己評価では、何処まで伝えることができたか解らなかったので良い点数ではありません。二つとも環境NPOでの行政からの委託事業です。昨日の温暖化防止センター委嘱のためのプレゼンでは、強力なライバル出現で、有名な大学教授が名乗りをあげられ、「熱い想いで集まった環境中間支援市民活動組織を粉砕する為の一見パワフル官制?NPOあらわる」そんな感じです。審査をする側の偉い人がNPOを立ち上げられたので、実績があろうがなかろうが、あっちに流れるのだろうな!とメンバーの人達は肩を落しています。結果を出すための事業ではなく、予算をこなすための事業に後戻りしていくのかと思うと残念です。環境は、ネクタイをしたおじさん達が、業として講議をして廻るのではなくて、子供達や、お母さん達に環境の大切さを伝え、温暖化防止活動に巻込んで行く事が絶対必要と思い、中間支援市民活動団体である私達の必要性を訴えたのですが、審査員の人達には伝わらなかったかもしれません。まだまだ変革が必要な世の中かもです。