2016.01.04 正月休みも4日目!
2016010313422996b.jpg

正月にテレビを見ないと沢山時間ができる!

早く言ってしまうと「暇」。
いやレポートを纏めるつもりが時間があると思うと手につかない。

学生時代は音楽部でギターを弾いていたが、ピアノコンプレックスがあり

社会人になってこそこそとピアノを練習した。勿論人から習ったことはない。

そう!暇な時にピアノをこそっと弾くという地味な趣味がある。



in the wee small hours of the morning フランクシナトラが歌っていた名曲。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー


2015.12.05 久し振りのJAZZLIVE!
20151205020903a99.jpg

久し振りのJAZZLIVE!個人的にはタイミング悪すぎかも^^;

20:00から藤原清登トリオライブがシネマテークにて開催。

福岡市内からお二人、北九州からお一人知人が来てくれ、お一人は私のオフィス経由で来られるので、出掛けることに^^;

とても良いライブだった。

201512050209055a4.jpg

ニューヨークから、北九州から、福岡市内からお一人は帰られたものの他の皆さまお泊まりでのツアー。

演奏後二次会で食事へと言うことになり、マージャンとウドンに痛風と佐賀牛にお酒と九州人と佐賀人をテーマのジャズ談議に花を咲かせ!

帰り着いたらまたも午前3時^^;!

今日も盛り沢山でお疲れ様でした。^^;

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへブログ応援バナー
2014.06.02 久々の気分転換pianoに向かう!


私の休日の気分転換です。学生時代は音楽部に所属。

社会人になり我流で始めた電子ピアノであこがれのレッツブギ〜〜!ブギ〜!

音楽には全く縁のないところで仕事しているので、楽器は頭の中リセットしてくれます。

すみません練習不足で指がついていきません。

体調の悪い方はご遠慮ください!

ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ



2014.02.19 iPadでシンミリと過ごす


in the wee small hours of the morning

今、心に響く曲を何と無くiPadで弾いてみると、侘しい音が曲とあって良いね!と思いました。
隣でピーピー聴こえるのはWANこが遊んでくれとせがんでる声です。^^;

オマケは某ハウスメーカーCMメロディ。商品とは関係なく心に残るメロディです!


ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
2014.02.10 Jazz Vocal
昔書いたjazzカテゴリーの
willow weep for me

の記事にプロのジャズボーカリストさんからコメントが入っていて、マイブームに火がつきました!

IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING

雰囲気のある曲ですね!
また最近、良いねと思ったのは、
why don't you do right!

と言っても古いですが、ジェシカラビット、デズニー映画ロジャーラビットの挿入曲ですが、伴奏ピアノが素敵です。

仕事中なかなかボーカルは聞けませんが、久々に聞くと良いですね!
2013.12.12 ヤマハP155でサンタが街へ…♫


サンタが街へやってくる♫
上手くないので興味ない方はとばしてください!^^;
若い時、他の楽器でミュージシャン目指してた時期もありましたが、食べて行ける自信が無く音楽に人生を賭ける事は止めました。趣味の域にとどめ、亡き父がやっていた建築の方へ進みました。
しかし今でも音楽はいつも私の生活に寄り添っています。
練習しないのでいつまで経っても上手く弾けません!
いつも聴いてくれるのは、愛しいwanだけです!

有難うございます♫




ブログ支援バナーにほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 デザインブログへ
2013.08.30 やばい!もう逃げられない (-。-;


チラシが出来上がってました。

やるしか無いですね。^^;

前座なので、と言っても!
2013.08.09 最近出会った曲jazz:over the rainbow


オーバーザレインボ~!
こんなに悲しげで切ない曲だったのか!
つい聴き入ってしまった。

歌っているのはスペインの十代の少女アンドレア モチィス氏
あどけない幼い素の声で、感情を込めずに淡々と歌う。

その歌声を包み込むよう、波のように流れる哀愁を帯びた旋律が
どうしようもない程の切なさと虚しさを表現している。
youtubeー1

彼女はアルトサックス、トランペットも粋に熟すjazzの天才。
youtubeー2

あんな子供なのに彼女の奏でる音をきくと、正直、何十年もジャズに親しみその音に憧れてきた者にとっては、自己嫌悪に陥ってしまう程だ。

このレベルの高さは、多分彼女を指導するジョアン・チャモロと言うもう一人の天才がいての事のようだが詳細不明。
2013.07.11 大昔のレコードをMP3に再生

MP3変換録音できるオモチャみたいなプレーヤーをネット上で発見しました。価格も作りもチープなのですが、発注後すぐに到着したので早速試すことに。倉庫の奥に眠っていたレコードはかなり湾曲!それをもろともせず、丁寧に再生してくれました。ECMレーベルのアートアンサンブル・・やらのコンテンポラリーJAZZレコードが沢山この日が来るのを待っていたようです(^^)。一枚づつUSB経由でiPadに収まって行きます。
感激!でも聴くかな?
湾曲したレコード再生中動画です→再生中

2Way(AC/電池)ポータブルレコードプレーヤー RM-URP100

2Way(AC/電池)ポータブルレコードプレーヤー RM-URP100
2012.12.07 この頃よく聴いてたデイブブルーベック


デイブブルーベックの音楽はずっと心に残るものが多いような気がします。テイクファイブの三つ二つのリズムはジャズを知らなかった私に、その楽しさを教えてくれました。彼のアルバム、プレイフォーラバーズ、バックホームは私のiPadに入ってます。91歳だったそうですね!偉大な音楽家のご冥福お祈りします。
追伸、iPad内のアルバムはいずれも以前にAmazonで購入したものです。
2012.07.28 On The Sunny Side Of The Street 我流^ ^;
7月最後の週末、猛暑!日差しがまぶしい時期。これから本庄の家でオープンハウスです。
熱い夏にはふさわしくない on the sunny side of the street です。
世間はちょうどロンドンオリンピックの開会式で各国選手団入場の最中に、練習もせずiphone撮りいきなりアップしました。注意!体調の悪い方は聞かないようにお願いします。
2012.07.17 秘かな趣味
遠い昔の学生時代、音楽部に所属していた時からピアノコンプレックスがあって、いつの日か上手く弾けるようにと安物の電子ピアノを近くに置いてます。習った事ないので上達はしないのですが、楽しむ分には不自由しなくなりました。ヒンシュクかいそうですが、リクエストもあったのでアップします。

2010.07.17 久々のニューヨークジャズ
7月15日夜、久々ニューヨークから藤原清登(B)、ピーターマディソン(P)福家俊介(Ds)トリオが柳町ロマン座でコンサートを行い、それを聞きにオフィス皆で行ってきました。企画や、お世話をされている北九州のSさんとは、ワンチャン仲間でもあり、親しくさせて頂いていまして事務所スタッフも少しだけお手伝いをさせて頂きました。
ピーターマディソン氏は、オフィスのMさんと意気投合(--!)右半分がケビンコスナー似てるとかどうかとか演奏前に盛上がっているようでした。演奏後Sさんとメンバー及び我がスタッフ共々8人で打上げ食事に”あうん”へ!その後、2次回希望者5人でAIビルの4階へくり出し、2時をかなり回った所で、翌朝の打合せが早いこともあって、途中で私達地元組2人は、失礼しました(--!)。彼等も、翌日はコンボへ出陣のようでその後は、何時迄続いたのか解りません。しかし、演奏はさすがに輝いていました。お世話になっている大和町のF先生も御夫婦でお見えになっていて、良かったと絶賛されていました。実力があって、気さくで、腰の低いみなさんと御一緒させて頂き、元気を沢山頂きました。有り難うございました。
かなり自分勝手で失礼な地元組ですみませんでした。反省!また企画出来たら良いですね。
2009.03.17 Willow Weep For Me
Willow Weep For Me ずっと気になっていたスタンダードの曲です。てっきりジョージガーシュインの曲と思っていたら違ってました。アン・ロネルという作曲家がジョージガーシュインへ捧げた曲だそうです。ジョンルイスと秋吉敏子氏とのピアノ掛け合いでの同曲がYOUtubeにあがってました。
演奏では、二人の違いが手に取るように判るのが面白かったのですがなぜか評価が低かったのに驚きました。確かにと思える節もありましたが........。しかしジョンルイスの堂々とした演奏には脱帽です。15日の第三日曜日は理容室休みで散髪に行けなく、ピアノと格闘、Willow Weep For Me に今ハマっています。やるべき仕事が溜まっていますがこれは、気分転換です(--!)。
2008.07.20 今日は休みピアノの練習
Lullaby of Birdland、名曲です。原曲のイメージを悪くしたとおこられそうです。
途中間違えたりですが休日はこんな風にpianoと遊んでます。下はおまけ。
Lullaby of Birdland
Sunny Side Of The Street
2008.04.10 情報が伴ったjazz
スイングジャーナルやジャズライフ等の雑誌を読み情報を集めていた頃と違い、随分昔から私の廻りには、ジャズに対して情報は無くiTuneラジオで流れるDemensions In Jazzの音楽に耳を傾けるだけでした。
幾つか気になっていたメロディーがあり、過去に、どうしても欲しいと思った事があって、誰の曲でどのアルバムに入っているかも解らないまま闇雲にそれらしいアルバムを捜し幾つか買って、やっぱり違っていたと落胆した事もありました。
この頃やっと、FMで流れている局へネットでアクセスすれば現在流れている曲名とプレイヤーが解りますよと若いスタッフから教えてもらい、それから情報としてjazzを捉える事ができるようになりました。
当たり前の事なのに、なんで今まで気が付かなかったのか残念でなりません。
気になっていた曲は、Ian Mcdougallというトロンボーン奏者と+5人のトロンボーンで演奏される、「NightLife」という曲、カナダ辺で活躍しているようだという事がわかりました。それが入っているTrombonesForeverなるアルバムを入手しようとしましたが、アマゾンでも取り扱ってないようで、欲しい物が、そうは簡単に入手できない事も身を持って知る事になりました。
JJジョンソン、やカーティスフラー辺の昔のアルバムかと思っていたら見当違いで、現在活躍しているすごい人達がいるんだと感動した次第です。
最近はプレゼン専用に使っていたibookをItune用にして、ituneを鳴らすと同時にサイトへアクセスしながら情報を得るようにしています。
2007.07.04 SOULTRANE
soultrain.jpg
ジョンコルトレーンのアルバム、SOULTRANEです。私がジャズを聞くようになったのは、このアルバムからのような気がします。1958年2月の録音らしく、その後のコルトレーンとは違った印象のスタンダードで何度聞いても飽ることのないアルバムだと思います。特に一曲目のGoodBaitは、大好きな曲でずっと記憶の奥底に残っているような、シンプルなフレーズです。レッドガ-ランドのピアノが印象的です。このアルバムを久しぶりに繰返し聞きながら、心地よく仕事を終えた一日でした。
2007.05.05 How Long Has This Been Going On?
オフィスに居る時は、小さくITUNEのジャズチャンネルを流しています。そうしていると、知らないうちに、何時の間にか脳裏に焼付いている曲があります。その一つがHow Long Has This Been Going On?です。もともとはジョージガーシュインの曲のようですが、多くのアーチストが演奏しています。なにか懐かしいような、少し物悲しく重たい雰囲気の曲で、さびの部分が演歌っぽく感じられます。HoraceSilverQuintetのSilver'sBlueにある同曲をコピーしようとしていますが、未熟でついていけません。ピアノは気分転換程度で、本業頑張ります。
デクスターゴードン主演の映画ラウンドミッドナイト(ハービーハンコックの切れ味の良いピアノとデクスターゴードンの独特で気負わない、けだるい雰囲気さえ漂わせながら鋭い音を適格に演奏、そんな本物のスタンダードジャズが聞ける映画)この映画の中盤でもロネットマクキーというジャズシンガーが歌っていました。